鼻づまりを治す入浴法 半身浴が全ての健康に繋がる理由

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s

お風呂に入ったら、今まで詰まっていた鼻が一気に通った!

という経験をした事はあると思います。

お風呂は鼻づまりに非常に効果的なんです。

その理由は

  • 心拍数の上昇
  • 体の緊張が解け血液が全身に循環する
  • 体が温められる事で血行が良くなる

などが挙げられます。

ですが、入浴後一時間くらいしたら、

また元の鼻づまり状態に戻ってしまう人も多いでしょう。

心拍数が低下し、体が冷えてくるからですね。

ですが、しっかりと体を温める事で、体の緊張を取り除き、

体温が高い状態をキープすることが出来ます。

そして、入浴後のリラックス度合が深く長くなることで、

慢性的な体の緊張を徐々に体から消していくことが出来るのです。

鼻づまりの根本的な原因は、ストレスによる体の緊張であることが多いので、

入浴によって、鼻づまりが徐々に解消されていくというわけです。

鼻づまりを改善する入浴法

熱めのお湯に肩まで浸かるという入浴法では、

体の芯まで温める事ができません。

ゆっくりと時間をかけて、体の芯まで温める入浴法が、

鼻づまりを解消する入浴法と言えます。

簡単に言ってしまえば半身浴です。

ですが、半身浴も間違った方法で行ってしまえば、

逆に体にストレスを与えてしまう事になりかねません。

正しい方法で毎日半身浴をする事が重要です。

鼻づまりを改善する半身浴のやり方

みぞおちの下くらいまでお湯をためます。

温度は38度前後が目安ですが、気持ち良いと感じ、

すぐに出たくならない程度の温度にしましょう。

上半身がじんわりと温かく、軽く汗をかくまで浸かります。

入浴時間は、人や季節によって変わってきます。

この辺は感覚で調整していくしかありませんが、

とにかく、自分が気持ちいいと感じる事が重要です。

例えば「30分浸からなければいけない!」なんて思わなくて大丈夫です。

無理して浸かっていても、体は温まりますが、

入浴自体がストレスになってしまっては意味がありませんからね。

何度も言いますが、

  • 無理をしない
  • 気持ちよく入浴する
  • 入浴後も気持ちいい状態が長く続く

このポイントは押さえたうえで半身浴を行ってください。

冬場は肩が冷えないように注意しましょう。

半身浴は鼻づまりだけではなく、

体にとって非常に良い効果がある事が知られています。

健康の基本概念として「頭寒足熱」というものがあります。

頭はクールで、足元は温かいと言うのが健康には一番です。

どういうことかというと、物理の法則として、

冷たい物は下に行き、温かい物は上に上がる

という基本原則があります。

例えばエアコンで部屋を暖めても、

床付近が冷えたままなのはその為です。

人間の体も同じで、

足を温め、頭は冷やしておくことで、

血液循環が促され、健康な状態になるという事です。

この頭寒足熱はあらゆるところで重要になってきます。

例えば、会社の社長(頭)は熱いけれど、

現場の人間(足)が冷え切っているとどうなるでしょうか?

会社のトップは熱くてあれこれやろうとするけれど、

現場は冷え切っている為、

「なんで俺たちがこんなことしなきゃいけねーんだよ」

みたいな空気が流れ、

それは会社内に老廃物として溜まっていき、

ある時一気に不満として爆発し、問題が勃発してしまうのです。

逆に、現場が熱い会社は、何となく良い会社だと思いませんか?

現場の人間が意見や改善案を次々と上にあげていき、

社長が冷静にそれらの意見を取り込んで、現場に指示を出していく。

こういった会社が理想的な会社だと思います。

働いている人たちに不満が溜まらないので、

満足度も高く、非常に健康的な会社ということが出来ます。

人間も循環が上手くいっていると、体が健康になり、

日頃の生活の満足度が一気に高くなります。

仕事をしていても、家事をしていても、遊んでいる時も、

体に不調が無いというのは非常に良い事です。

特に首から上の疾患は生活の質を著しく下げると言われています。

その代表で多くの人が悩まされているのが、鼻づまりです。

「鼻づまりなんて・・・」と軽く考えずに、

今日から、根本的な鼻づまり対策をしていきましょう。

そしてそれは、鼻づまりだけではなく、体全体に、

ひいては人生そのものに、素晴らしい影響を与えてくれるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です