慢性的な鼻づまりを治す今日から実践できる日常の知恵

4b0b465bd92b5cae9d466c0d453c261c_s

日常で簡単に出来る鼻づまり解消法を紹介します。

睡眠や食事なども重要ですが、日常の過ごし方も非常に重要です。

体を冷やさない

体を冷やさない事は、鼻づまりだけではなく、

体を健康に保つために、最も重要な事と言っても過言ではありません。

健康が保たれているのは、血液が循環し、

体の各部に必要な物が運ばれ、逆に不要な物は捨てられるからです。

体が冷えると、そういった循環能力が落ち、

至る所に不調が出てくるのです。

夏場はそこまで気を付ける必要はありませんが、

冬の体の冷え対策は非常に重要です。

湯たんぽをももの上に置く

足は血液循環にとって最も重要な部位と言っても良いでしょう。

足を温める事で、健康の大前提である「頭寒足熱」が保たれます。

温かい物は上に上がり、冷たい物は下に下がるので、

頭寒足熱は体の循環にとって重要な概念なんです。

湯たんぽは、直接足を温められるだけではなく、

経済的という点においても、非常に優れた暖房器具です。

ももやお尻などを温めて、体の血液を循環させましょう。

これはデスクワークで座りっぱなしの人にとって、

非常に有効な鼻づまり改善法です。

ずっと座りっぱなしでいると鼻が詰まってくるという経験は無いですか?

湯たんぽで足をしっかりと温めれば、それが無くなりますよ。

足が冷える前に足湯

一度冷えた物を温めるのには時間もエネルギーもかかります。

冷えたら温める、というよりは、冷える前に温めるのが一番です。

足湯は簡単に足を温められるのでお勧めです。

方法は簡単で、大きめの容器にちょっと熱めのお湯を入れ、

足が赤くなるまで温めます。時間は大体6分くらいと言われていますが、

気持ちよかったら長めに浸かっててもOKです。

終わったら乾いたタオルで水気を完全に拭き取り、

冷えないうちに靴下を履いてください。

容器は両足がすっぽり入って、

くるぶしの上までお湯が来るものであれば、どんな容器でもOKです。

足湯専用の容器も売られています。

冷たい飲み物を避け、白湯を飲む

体の外から温める事も重要ですが、

温かい食べ物や飲み物を飲んで、中から温めるのも有効です。

白湯は手軽に作れて経済的で、

余計な物が全く入っていないので、健康には最高です。

世界三大伝統医学である、インド古典医学(アーユルヴェーダ)では、

自然界の要素(水・火・風)がバランスよく含まれた飲み物として重宝されています。

水を火にかけ、沸騰させることで風の要素も含まれるという事ですね。

なので、例えば電子レンジでチンした水とは違うという事です。

実際飲んでみると分かりますが、味や舌触りも全然違います。

白湯の作り方
  1. やかんに水を入れ、火にかけて沸騰させます。
  2. 沸騰したら蓋を開け、15分ほど沸騰させます。
  3. 最初のお湯の半分くらいまで減ったら火を止めます。

出来た白湯はポットや水筒などに入れて、

何時でも飲めるような状態にしておくと便利です。

一日800mlくらいまでを目安に飲みましょう。

飲み過ぎると逆に水分過多で身体が冷えてしまうので要注意です。

ただ、食事中や食後に水分をたくさん摂ると、

食べた物に含まれた糖質が溶け出して、体に一気に吸収されてしまい、

アレルギー性鼻炎による鼻づまりを悪化させてしまうので、

食事中と食事直後は避けた方が良いでしょう。

適度に運動をする

デスクワークの方や、体を動かす習慣の無い方は、

適度に体を動かす事で、鼻づまりが解消されます。

体を動かす事で、心拍数が上昇したり、

血液の循環が良くなるので、運動が必要なんですね。

ずっとじっとしているというのが良くないので、

たまに立上ったり、歩いたりするだけで効果的です。

足の筋肉は血液を循環させるポンプの様な役割もあるので、

ウォーキングやジョギングが体に良いというのはそういう事なんです。

ただ、ウォーキングやジョギングは習慣化するのが難しいので、

日常でちょっと工夫するだけでもOKです。

例えば

  • エスカレーターではなく階段を使う
  • デスクワークの場合休憩はコマメに取る

など、生活の中に軽い運動を挟むような感覚で実践してみて下さい。

もちろん、スポーツを初めてみたり、ウォーキングをしてみたりするのも最高です。

鼻づまりを解消する習慣とは

簡単に言えば

「体を冷やさず、適度に動く」

という事になります。

なので、上で紹介した方法以外にも、

自分の生活の中に取り入れられるものがあれば、実践してみて下さい。

続けていると、これは自分には合うとか合わないとかも分かってくるので、

色々な方法を試すことをお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です