鼻づまりの原因は考え方にある?生き方を変えるマインドセットの話

ce208290266a08e2061c54a4cc1d01e3_s

このブログでは、鼻づまりを解消する上で食事や睡眠、

入浴などの習慣が重要であると言ってきました。

そして、もう一つ重要なのがマインドセットです。

簡単に言えば、考え方や心もちみたいな事です。

普段どんなマインドセットを持っているかが、

鼻づまりを解消する事に関係しているのです。

「どうゆう事?」

という声が聞こえてきそうですが(笑)

簡単に言えば、ストレスを抱えないような生き方をしようという事です。

ストレスは万病の元ですが、当然鼻づまりも含まれます。

ストレスを溜めこむと、体が緊張し、ハリやこりが発生します。

一か所で生じたそういった緊張は、体のあちこちで悪さをします。

体は全て繋がっている(心も含めて)ので別に不思議な事ではありません。

例えば、子供の頃に突き指をして、その部分の緊張が解けない状態でいると、

それが大人になってから、内臓に影響を与えるなんて事も珍しくないのです。

ストレスを溜めこまないマインドセットは色々ありますが、

全てを包摂した一つのマインドセットさえ持っていればOKです。

それが「祈りマインド」です。

祈りの気持ちを持って生きるのです。

これは別に、自分が特別な存在であるとか、

上から人を見下すとか、優越感に浸るとかではありません。

ただただ、他人の幸福を祈り、

そういった気持ちで人と接するという事です。

最初はピンとこないと思いますが、

そういった気持ちで日々生きていると、

心が平穏に保たれるようになり、ストレスも減ります。

例えば、職場の人がミスをして、自分に不利益が降りかかったとします。

こういった場合でも、その人の幸福を祈っていれば、

「この人が今後ミスをしないために、なんて声を掛ければいいか?」

「この人が成長する為に自分が出来る事は何か?」

「このミスから自分が学べることは何か?」

というポジティブな事が、自然と頭に浮かぶようになってきます。

そうなると、日常で起こる全ての事は、

自分や他人を成長させ、より良い方向に進んで行くためのヒントになります。

そして、物事をポジティブに受け止められれば、ストレスは激減します。

最初は身近な人、あるいは大切な人から始めてみて下さい。

それを徐々に広げていって、出会う全ての人に対して、

祈りマインドで接することが出来れば、幸福度が一気に高まります。

イメージとしては、祈りの対象に天から光が降り注ぐような感じです。

言語化しなくても良いですが、頭の中で

「この人が幸福でありますように」という気持ちでいる事が重要です。

注意してほしいのは、

「祈ってあげてる」という上から目線や、

自分を蔑むような「自己犠牲マインド」

「こうなって欲しい!」という念力ではないという事です。

あくまで光は天から降り注ぐのであって、

自分から光が出て、その人に照射されるわけではありません。

自分の祈りが天に通じ、他人に降り注ぐという感じで、

自分ー天ー他者という三角形が作られるようなイメージです。

こういったイメージがしっかりと出来ていると、

まず表情が変わってきます。

敏感な人なら、自分の顔の普段あまり使わない筋肉が

使われているような感覚になるかもしれません。

頬が自然と上に上がるような感じですね。

そして、表情が変わるというのは、顔の筋肉がゆるんでいるという事なので、

そのゆるみが全体に広がっていき、体が緊張から解放されていきます。

・・・とまあ理屈は正直どうでも良いのですが、

是非、祈りのマインドを持って日々生活してみていただけたらと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です